レシピ

鮭の韓国風ちゃんちゃん焼き|フライパンだけ!簡単メインおかずレシピ

鮭のちゃんちゃん焼き 韓国風

今回は「鮭」を使った簡単美味しいメインおかずをご紹介します。
自粛生活が続く中、毎日のご飯作りは悩みの種ですよね。

ちゃんちゃん焼きはこってり味噌味で野菜がたっぷり食べられて、しかも作り方が簡単!

フライパンはもちろん、ホットプレートでも作ることができます。

毎日の献立の助けになれば幸いです! それでは、レシピにまいります〜。

鮭の韓国風ちゃんちゃん焼き〜作り方〜

材料(直径26センチのフライパン1枚分・たっぷり2人前)

  • 生鮭 …2切れ(200〜300g)
  • キャベツ …1/4個
  • 玉ねぎ …1個
  • 人参 …1本
  • ジャガイモ …2個
  • にんにく …6片くらい

<調味料>

  • みりん …大さじ1
  • 砂糖 …大さじ1
  • 酒 …大さじ2
  • 合わせ味噌 …大さじ2(私は韓国味噌のテンジャンを使用)
  • コチュジャン …大さじ1.5

下準備

鮭は表面に塩コショウを振っておく。できれば骨を抜いておくと食べやすさアップ!

調味料は全て混ぜ合わせておく。

野菜は以下を参考に食べやすくカットしておく。

野菜の切り方
  • キャベツ 一口大のざく切り
  • 玉ねぎ くし切り
  • 人参 縦半分→斜め薄切り
  • ジャガイモ 1〜1.5センチ厚さの輪切り
  • にんにく 皮をむき、包丁の面で潰す

作り方

ざっくりとした流れはこんな感じ!

鮭の韓国風ちゃんちゃん焼き
  1. 鮭の表面を焼く
  2. 鮭の周りに野菜を敷き詰める
  3. 合わせ調味料を回しかけて蒸し焼きにする

材料を切ったり、調味料を用意したら、もう完成したも同然!(さすがに言い過ぎ)

鮭の表面を焼く

鮭のちゃんちゃん焼き 韓国風

①フライパンに分量外の油を入れて熱し、鮭を身の方から焼く。
空いたスペースににんにくを入れて一緒に焼く。

<にんにくが好きな方>

にんにくは、ごろっとした形のまま加熱するとホクホク食感になります。

ちゃんちゃん焼きに風味がつきつつ、具材の1つになるので是非入れてみてください!

②強めの中火で、鮭に少し焼き色が付いたらひっくり返す。にんにくも適宜返しながら焼く。

③鮭の両面に少し焼き色がついたら、一度火を止める

野菜をフライパンに敷き詰める

④下処理しておいた野菜をフライパンに並べていく。

一番下はジャガイモ。その他は、バランスを見つつ並べる。
鮭をフライ返しなどで少し持ち上げながら、下にキャベツ少し敷く。(焦げ付き防止

◎ジャガイモを一番下に入れると、野菜や鮭から出た旨味・調味料を吸ってとても美味しくなります。

◎鮭の下にキャベツを少し入れると、焦げつき防止になります。

合わせ調味料をかけて蒸し焼きにする

⑤野菜を敷き詰めたら、合わせておいた調味料を全体に回しかける。

⑥蓋をして、再度火をつけ中火にする。

⑦10分蒸して、人参やジャガイモが柔らかくなっていたらOK!
(かたい場合は追加で5分蒸す。)

⑧火を止め、ごま油を回しかける。(後入れで香りアップ!
お好みで糸唐辛子や七味、ネギなどをかけると◎

完成!

鮭のちゃんちゃん焼き 韓国語
  • ふんわりと蒸された鮭
  • 甘みが増した野菜
  • ピリ辛でコクのあるタレ

3つが絡み合ってめちゃくちゃご飯が進みます!!
特に一番下に入れたジャガイモに味がしみて…たまらんです。

レシピのポイント

  • 鮭に塩コショウで下味をつけることで、味がぼやけない
  • ジャガイモは一番下に!
  • ごま油は後入れで香り高く。
  • にんにくをたっぷり入れて具材の1つに。

あとがき

今回のレシピは、鮭さえあれば冷蔵庫にある野菜を好きに詰め込んで作れます。

基本となるのは「キャベツ・玉ねぎ・人参」あたり。
常備野菜で気軽に作れるのが嬉しいですよね。

あとはお好みで【きのこ・もやし・ジャガイモ・ピーマン】を入れたら、
それはもうご馳走です。

お野菜の量は目分量で、フライパンやホットプレートに入るだけじゃんじゃか入れて作っちゃいましょう。

気軽に美味しく、おうちごはんを楽しんでくださいね。
それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA